Lovely days

日々の出来事や感じたこと等、琴線に触れたいろいろなことを思いつくままに綴っていきます。 恋愛マスター meriaのblog

感じ方は人それぞれ

www.youtube.com

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』公式サイト

【今回は全力でネタバレしています】

 

映画が公開されたので、さっそく観てきました。

とても丁寧に撮影されたドキュメンタリーで、彼という人物の内面の一端を知ることが出来る佳作だな、と思います。

 

ポルーニンが一般に認知され、またこの作品のアイコンになっている「Take Me to Church」。

初めて見た時、彼の心の咆哮が聞こえてくるようなダンスに知らず涙を流したのですが、まさかこの時に彼が最後のダンスと決めていたとは思いもよりませんでした。

そして心の赴くままアドリブで踊っているかのようなダンスは、ポルーニンの友人が振り付けしたものだそうです。

表現・技術・ルックス、すべてを持っているかのように見える彼でしたが、内に秘められた苦悩により、バレエを捨てようとします。

が、ラストダンスだったはずの動画が公開されると、世界中の視聴者が好意的(熱狂的)な反応を示し、その結果、彼は踊り続けることを決めます。

現在はバレエと俳優業の両立を目指しているようなので、映画としては綺麗にまとまったなぁという感じです。

 

映画の中では彼と家族との関係性や軋轢、その苦悩について触れらています。

家族の中で成功者が出た場合、その人物に依存して好き放題する人もいますが、ポルーニンの家族はそんな感じではありませんでした。

むしろ、彼のことを本当に愛している家族です。

ドキュメンタリーとはいえ映画なので、意図してそのように編集しているのでは?と考えることもできます。

が、客観的に見ても普通にいい家族のような気がします。家族間でちょっと言葉足らずかもしれないですが。

 

ということで、改めて感じたのは「物の感じ方は人それぞれ」ということ。

状況や年齢、性別、時代...全てが同条件で揃うことはないでしょうが、仮に同じシチュエーションだったとしても、その出来事に対する感じ方は人によって違うんです。

自分にとっては死ぬほど辛いことだけど、他の人には全くそうではない、とか。

あるいは、他の人には喜ばしいことでも、自分にとっては普通かもしれません。

私達は好ましい相手といる時、無意識のうちに同調しようとすることがあります。

これって、上手くいっている時は良いのですが、いざ相手が自分の考えや感情と異なっていた時に軋轢を生む可能性があります。

 

大好きな相手と溶け合いたいのは分かるのですが、大切で大好きな相手だからこそ「感じ方は人それぞれ」ということを頭の隅に留めておけるといいな、と思うのです。

それって、相手をきちんと尊重できるということです。

 

相手を尊重できる彼女。彼から見ると、ものすごく可愛いと思います。

 

 

広告を非表示にする

黒のワードローブ、どのくらいありますか?

f:id:fragancia-meria22:20170715214931j:plain

20代の頃、ワードローブは8割が黒でした。

その他はベージュ、グレイ、ネイビー等...まあ無難な配色でしたね。無地がほとんどでしたし。

いま自分のクローゼットを開けてみると、黒はインナーの一部を除いてほぼありません。少なくともここ10年はそんな感じです。

黒を好んで身に着けなくなったのは、当時ネットの記事で「黒は老化の色」というのを読んだからなのですね。

(トマトの実験で、詳細を知りたい方はググってみてください。)

それ以降ほとんど黒を着ないという単純さです(笑)。

色彩心理学でも黒についていろいろと述べられているので繰り返しませんが、自分を守るとともに他を遮断する色なのですよね。

恋愛を楽しみたい身としては、やはり黒以外の華やかで軽めな色がお勧めです。

ピンクお勧めなのですが、似合わないと敬遠される方もいますよね。

そういう方はパーソナルカラー診断を受けて、ご自分にあった色調を知るようにすれば良いのではないかな、と思います。

色とデザイン、流行ではなくて自分に似合う服を身に着けていれば自然と自信が出ますし、ふるまいも余裕のあるものになってきます。

見た目から自分らしくあるというのも、とても重要ですよね。

その状態って自然とキラキラしますし、輝いているあなたは、彼から見てもきっと素敵だと思います。

 

黒以外のワードローブ、ぜひ増やしてみてくださいね。

恋愛は趣味のひとつ

f:id:fragancia-meria22:20170713084231j:plain

 恋愛好きな私ですが、恋愛体質かというとちょっと疑問です。

どちらかというと、数ある趣味のうちの一つでしょうか。

もちろん趣味と言っても、ちょっとするだけの軽〜いものから、超真剣!なガチなものまで幅広くあります。

その基準だと、真面目には取り組んでいるけど、そこまでの深刻さはないですね。

取り組み方としては、自分が楽しむ→相手も楽しむ→楽しいが積み重なると良いスパイラルに入る→もっと楽しいことが起こる…という感じです。

もちろん100%楽しいことばかりではないですが、基本的に楽しくない恋愛はしない方針です。

楽しくない恋愛、はるか昔はしてたような気もしますが、今なら選ばないですね。

だって自分がくすんでいきます。どんどん本来の自分からかけ離れてしまうので、彼とも噛み合わなくなってしまうんですよね。

その反対に自分がご機嫌で楽しくキラキラしていると、彼の方から自然と近寄って来ますし、関係が良くなります。

もちろん、いつでも「可愛い」って言って、とろけるような笑顔で見つめてくれますよ。

 

私はそんな彼を可愛いなぁと思います。

恋愛は楽しい趣味!くらいの軽やかさがいいですね。

 

広告を非表示にする

あそびとゆとり

f:id:fragancia-meria22:20170710222943j:plain

自分の精神状態って、普段どのくらい意識しているでしょうか?

今日は良い感じ、イマイチ、穏やか…感情は常に揺れ動いているので、ずっとモニターすることはないかもしれませんね。

日々の感情の揺れも、私達を構成しているものの一つです。

過去のことを振り返ってみると、精神状態が良い時って、素敵な出来事や出会いがあったと思いませんか?

ということは、「普段から良い精神状態を心掛ければいいのね!」となりますが、まあ人間ですので感情の揺れはどうしてもありますよね(笑)。

そして余裕がなくなってくると、イライラしたりと良くないサイクルに入ってきます。

期間限定的なものであれば期限を越えれば大丈夫と思えるのですが、期限未定のものに関しては、どうしても悲観的・頑なになりがちです。

そのことでいっぱいになって、他の物事が入り込む余地がなくなってしまうんですよね。で、負のスパイラルにはまってしまう。

真面目な方がより陥りやすいパターンだと思います。

 

となると、必要なのは気分転換です。

頭の内では無意識で常に嫌なことばかり考えているので、意識して切り替える。

何も考えられないくらい身体を動かしてみるのもいいでしょうし、好きなアロマを焚いてゆっくりお風呂に入ってもいい。

ちょっと贅沢してお高めのスイーツを買ってみてもいいんです。ほんのちょっとしたこと。

それをすることで、あなたが「ほっこり」できることがポイントです。

その「ほっこり」を味わっている時、あなたにはゆとりが出来ています。

ゆとりがある=余地があるなので、その空間にやって来るんですよ。ちょっとした良いことって。

 

ということで、ちょっと「ほっこり」してみませんか?

 

広告を非表示にする

その瞬間の貴重さ

f:id:fragancia-meria22:20170705222406j:plain

「人間には寿命がある」とは分かっていても、普段は自分の死についてあまり意識しないですよね?

私も突き詰めて考えたりはしないのですが、「今日あったこの人と次回も会えるとは限らないな」という意識が頭の隅にあります。

これはどの話にも通じるとは思いますが、ここは恋愛についてのたまうblogですので(笑)、その対象は彼ないし好きな相手とします。

今の日本が平和とはいえ、相手が急にいなくなったりすることは有りうるわけです。もちろん自分も。

そう考えた時、忙しい時間を縫って大好きな彼に会えたり、会えなくても何らかの反応があるととても嬉しいです。

なので、会えた時は最後に必ず「会えて嬉しかった。ありがとう」と言いますし(もちろん抱きしめますよ!)、時間をおいても気持ちが続いていれば、素直にSNSで伝えます。

そうして素直に出した感情は、相手からも素直な感情で返ってきます。

好き~って伝えれば、だいたいが好き~、可愛い~って返ってきますよ。

彼とはこんな他愛もないやり取りを、もう何年も続けています。

ちなみにポイントは、自分の感情を投げたら相手から返信があるかどうか気にしない、です。

余裕があれば即返信だし、なければ数日おいてかも?

自分の気持ちを伝えているのだし、相手の反応を気にする必要はないというスタンスです。自己満足バンザイ。

 

次に会った時、「可愛い」って言って抱きしめてくれますよ。

広告を非表示にする

抱き枕になってもらう

f:id:fragancia-meria22:20170703223555j:plain

こういう構図、すごく可愛いですよね。

 

「何か楽しいことある?」「最近楽しかったことは?」と聞かれて、すぐに答えることが出来ますか?

「もちろんあるよ!」であれば、良かったです。

もっともっと楽しいことがやってくる気配がしますよね。

その一方で、「思いつかない」「全然ない」「分からない」etc…

こういった回答になる場合、ひょっとして疲れたりしていないでしょうか?

であれば、まずは出来る限り休息をとってくださいね。

肉体と精神、いずれも疲れを溜めても良いことはありませんから、気付いた時にこまめに解消していくのがいちばんです。

とくに精神は疲れやストレスが蓄積すると、一時的に感情まひの様になることがあるかもしれません。

この状態になると、今まで楽しかったはずのことがそう思えなくなったり、気付けなくなったり、さらには楽しくない物ばかりが目に入りやすくなります。

そういう状態で彼に合うことはお勧めしません。どうなるか想像がつきますよね?(笑)

こんな時だからこそ、どうしても彼に会いたい!というのであれば、「今こういう状態だけど会いたい」と伝えられるといいですよね。

「エネルギー補給だから、何も言わずに抱き枕になって」と言ったら喜んでましたよ、そういえば。

「抱き枕になってとお願いしたはずなのに自分が抱き枕」というオチがもれなくついてきますが、どんな状態でも伝え方次第だなぁと思いました。

抱き枕になってもなられても、そのちょっとした時間でリラックス出来たり、幸せな気分を味わえたら、それって楽しいことですよね?

 

感度が鈍っているだけで、楽しいことって実は周囲に溢れていると思います。

身近な楽しいことに少しづつでも気付けたらいいですよね。